忍者ブログ
龍野真悟が教える風水@開運ブログです
プロフィール
HN:
龍野真悟
性別:
非公開
自己紹介:
龍野真悟です。宜しくお願いいたします。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
2ちゃんねる誹謗中傷対策
ブログ内検索
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

龍野真悟さんに学ぶ「パワーストーン」~人間関係・家族関係~


パワーストーンにはたくさん種類があります。
今回は龍野真悟が開運のためのパワーストーンについて、
その人の願いによってどのようなパワーストーンが有効なのか、詳しくご紹介していきます。


~人間関係に対する運気をアップすると言われている天然石とは?~


人は生活して行く上で、仕事場での上司・部下・取引先、
私生活での家族・恋人・友人など様々な人々と接し、係わりあってこそ初めて生きていけます。
相手の気持ち、立場を真剣に考えられる人は、
自然と誰からも愛され、大切にされるようになってきます。

人間関係に対する運気をアップすると言われている天然石は、
相手の気持ちをキャッチして、人間関係を円滑に、良い方向へと導いてくれると言われています。






龍野真悟 開運 龍野真悟 風水 龍野真悟 金運 龍野真悟 占い 龍野真悟 手相 龍野真悟 おみくじ 龍野真悟 財布 龍野真悟 恋愛 龍野真悟 仕事 龍野真悟オーラ 龍野真悟パワー 龍野真悟スポット 龍野真悟ストーン 龍野真悟 神社 龍野真悟 宗教 龍野真悟 ブログ 龍野真悟 画像
PR
龍野真悟さんに学ぶ「パワーストーン」~仕事運・成功・出世~


パワーストーンにはたくさん種類があります。
今回は龍野真悟開運のためのパワーストーンについて、
その人の願いによってどのようなパワーストーンが有効なのか、詳しくご紹介していきます。


~仕事運・就職運・転職運・事業運をアップすると言われている天然石とは?~


自分自身を発展させ、能力を高めて生活の基盤を作ってくれたり、
ビジネスに必要な能力や運を高めると言われる天然石です。

仕事運を持った天然石は、任されたポジションで自分なりに活躍できる道しるべとなり、
良い運を引き込むお手伝いをしてくれることでしょう。
また、仕事での成功は、最終的には人や世の中の役に立つことに繋がると龍野真悟は思います。

仕事運や事業運をアップすると言われる最高品質の天然石を是非、ご覧ください。

直観的に「これは!」と思う石と出会えたら、
かけがえの無いパートナーとして大切にしてあげて欲しいと龍野真悟は思います。




龍野真悟 開運 龍野真悟 風水 龍野真悟 金運 龍野真悟 占い 龍野真悟 手相 龍野真悟 おみくじ 龍野真悟 財布 龍野真悟 恋愛 龍野真悟 仕事 龍野真悟オーラ 龍野真悟パワー 龍野真悟スポット 龍野真悟ストーン 龍野真悟 神社 龍野真悟 宗教 龍野真悟 ブログ 龍野真悟 画像
龍野真悟さんに学ぶ「開運」~財運と財布その6~


財布の色で見る、お金の増やし方を龍野真悟がご紹介します。


~パステルイエロー~

パステルイエローは、楽しみながらお金を増やしてくれる金運財布。
自カでお金を増やしていきますが、苦もなくお金を集めてくれるため、
楽しく使えるお金を増やしてくれる財布です。
仕事に生きる、自分で働いて財を貯めたいという人にはお勧めです。


~ピンク~

ピンクは自分の力というよりは他力本願でお金が増えていく財布です。
キャリア志向の女性には不向きのように思われるでしょうが、
女性は、自分の力に+アルファの運気が加わることでより金運が増えていくため、
どんなスタンスの女性にもお勧めのカラーです。


~黒色~

黒い財布というのは基本的に今あるお金を守る財布です。
黒色はもっともっと上を目指したいという人よりも、
今あるお金をきちんと貯めていきたい人に向いています。
すでにビジネスなどで成功している人には良い財布です。


~白色~

白い財布には清浄化作用と同時にお金を貯めこむカがあります。
また、リセット効果が高いため、今までの金運を変えたい、
新たな金運を得ていきたいと思う方にお勧めです。
入ってくるお金も大きくなりますが、使い方が悪かったり、
古くなり過ぎたりすると、お金が出ていきやすくなりますので、注意が必要です。


~赤色~

風水では赤い財布というのは別名、「貧乏財布」と言われています。
赤は火に属するもの。
一瞬で自分の財を燃やしてしまうことに。
今の財を燃やすだけではなく、自分が持って生まれた財運までも燃やしてしまいます。
赤い財布だけは一瞬でも持たない方が良いです。


~青色~

青は流す色で、まさに入ってきたお金を流してしまいます。
パールブルーのような淡いカラーの財布は「増やす」という気を持っているので、
使い方次第では良い財布になるのですが、強い青色はお勧めできません。
特に、女性が持つと陰陽のバランスが崩れて金運を消耗することに。
青は「木」の気を鍛えてくれるため、仕事運などには良いカラーですが、
財布としては避けたほうがいい色です。 


~緑色~

緑は悪いカラーではないけれど、一生懸命働かないとお金が入ってこない色です。
地味に働かない人のところには、お金が入ってきません。
ゴールド系は金運にはとてもいい色です。 自分の持つ金の気を増やし、財を与える力を持っています。
ただ、ゴールドやシルバーはギャンブル好きの人にはお勧めできません。




龍野真悟 開運 龍野真悟 風水 龍野真悟 金運 龍野真悟 占い 龍野真悟 手相 龍野真悟 おみくじ 龍野真悟 財布 龍野真悟 恋愛 龍野真悟 仕事 龍野真悟オーラ 龍野真悟パワー 龍野真悟スポット 龍野真悟ストーン 龍野真悟 神社 龍野真悟 宗教 龍野真悟 ブログ 龍野真悟 画像
龍野真悟さんに学ぶ「開運」~財運と財布その3~


財布には大きく分けて二つ折り財布と長財布がありますよね?
どちらがいいのでしょうか?
また財布をみなさんはどこに置いていますか?
絶対に置いてはならない場所があることをご存知でしょうか?


~お金が出て行く二つ折りの財布~

二つ折りの財布は金運を下げます。
二つ折りの財布にお金を入れると、お金は二つ折りにされ、絶えず窮屈な思いをしなければなりません。
人間が腰を曲げたままではつらいように、お札だって同じです。
一刻も早く外に出たいという願いから、長いあいだ財布に留まることはけっしてなく、
残るのは広々とした気持を味わえる小銭ばかりということになってしまいます。
長くいついて欲しいなら、お札がのびのび体を伸ばせる長財布を龍野真悟はおすすめします。


~保管場所にも気を配ろう~

お金は暗いところで増えるという性質があります。
一番お勧めなのほ、寝室の北側の暗いところ。
クローゼットやチェストなどを置いて収納します。
押入れがある場合は、箱などに入れてしまいましょう。
お金専用の保管スペースを作ることが金運を上げるコツ。
家に帰ったらバッグから取り出して保管しましょう。
バッグの中に入れっぱなしにしておくと、
「動く」という気が生じて金運が消耗してしまいます。
キッチンのような火の気が強いところもNGです。
金運を燃やしてしまいます。




龍野真悟 開運 龍野真悟 風水 龍野真悟 金運 龍野真悟 占い 龍野真悟 手相 龍野真悟 おみくじ 龍野真悟 財布 龍野真悟 恋愛 龍野真悟 仕事 龍野真悟オーラ 龍野真悟パワー 龍野真悟スポット 龍野真悟ストーン 龍野真悟 神社 龍野真悟 宗教 龍野真悟 ブログ 龍野真悟 画像
龍野真悟さんに学ぶ「開運」~財運と財布その1~


風水学では、金運と財運を上昇させるシンボルとされる
黄色い財布がよいとされています。
開運、財運アップのために財布について龍野真悟がご紹介していきます。


まず最初に財布はお金にとって家のようなものと龍野真悟は考えています。
そこを心地よい環境に整えれば、お金は長く住みついてくれますし、
たとえ出て行ってもすぐに戻ってきてくれるのです。
お金が自分のほうから、「この人のところに行きたい」と
思う環境をつくることが肝心です。
では、住み心地のいい財布とは、どんなものでしょうか?
龍野真悟がお教えします。


~財布の色は重要~

ずばり「黄色」です!

黄色は金の気を持つ色。
財をもたらしてくれる効果があります。
ただし真っ黄色だと、金運を招く力が強い分、出ていく勢いもあります。
つまり、お金が入ると使いたくなってしまう、浪費癖がつく色なのです。
これをおさえるには、安定を司る土の気を混ぜること。

やや黄土がかった黄色を選ぶと、財布の中でお金が安定します。
またお金を増やすには、水の気が入った淡い黄色が最適だと龍野真悟は考えています。




龍野真悟 開運 龍野真悟 風水 龍野真悟 金運 龍野真悟 占い 龍野真悟 手相 龍野真悟 おみくじ 龍野真悟 財布 龍野真悟 恋愛 龍野真悟 仕事 龍野真悟オーラ 龍野真悟パワー 龍野真悟スポット 龍野真悟ストーン 龍野真悟 神社 龍野真悟 宗教 龍野真悟 ブログ 龍野真悟 画像
<< 前のページ | | 次のページ >>
Copyright(C) 龍野真悟 All Rights Reserved.  | 忍者ブログ * [PR]
 |  blogdesigned by 物見遊山